目次

CUDAのインストール(Windows)

ここでは、CUDA (2.3, 32bit)をWindows XPにインストールする手順を説明します。 CUDAのバージョンによってインストールされるディレクトリが異なるので注意してください。

Visual C++のインストール

無償のExpress Editionでも動作するようです。

ここでは、Visual Stdio 2008 Professionalを用いています。

CUDAのインストール

環境変数の追加

自力で設定 or インストール環境が異なる場合

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\bin\win32\Release;C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\bin\win32\Debug;C:\CUDA\bin

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\common\inc;C:\CUDA\include

C:\CUDA\lib;C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\common\lib

Visual C++の環境変数は、「スタート→プログラム→Microsoft Visual Studio 2008→Visual Studio Tools→Visual Studio 2008 コマンド プロンプト」を実行すると、環境設定が設定された状態のコマンドプロンプロが開くことができます。

上記の設定が面倒な場合

cudavars.bat
@set PATH=C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\bin\win32\Release;C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\bin\win32\Debug;C:\CUDA\bin;c:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\BIN;%PATH%
@set INCLUDE=C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\common\inc;C:\CUDA\include;c:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\INCLUDE;%INCLUDE%
@set LIB=C:\CUDA\lib;C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\NVIDIA Corporation\NVIDIA GPU Computing SDK\C\common\lib;c:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\LIB;%LIB%
@CMD /k