CUDA対応ビデオカードがない場合

次のように、オプション「-deviceemu」をつけることでCUDA対応ビデオカードがない場合でもプログラムを実行することができます。 CPUでGPUをエミュレーションするので当然動作は遅くなります。

C:\>nvcc -deviceemu cuda_sample1.cu -lcutil32

※ CUDA Tool Kit 3.1から削除されたようです。ただ、Fermi以降はデバイスからprintfが実行できるそうなので要らないかもしれません。