目次

MPI覚え書き(LAM編)

LAM(Local Area Multicomputer)をUNIX環境(RedHat9)にインストールし、動作確認をした際の覚え書きです。 環境によって異なる可能性があるので、参考程度にしてください。

LAMの特徴

そのためMPICHよりも起動が速い(と言われる)

インストール手順

2005年5月12日時点では Version 7.1.1 でした。

 % wget http://www.lam-mpi.org/download/files/lam-7.1.1.tar.gz
 % tar xvzf lam-7.1.1.tar.gz

権限がないのでとりあえず今回は自分のホームにインストール

% cd lam-7.1.1
% ./configure --prefix=/home/hogehoge/lam
 % make
 % make install

環境設定

自分のホームディレクトリに .hosts という名前のファイルを作成する。 内容は計算に使用するホストの列挙。このファイルはLAMとは直接関係ない(rshで使われる)

host00
host01
host02
  …
host00 cpu=4
host01 cpu=2
host02
  …

lamhostsに指定したホストで実行可能か調べる。 (lam/binにパスが通ってないとエラーがでました。)

% recon -v lamhosts

lamhostsに書かれたホストにlamデーモンが実行される。 このコマンドは、プログラムの実行前に1度だけ行えばよい。

% lamboot -v lamhosts

実行方法

LAMとMPICHで共通です(同じMPIをなんで当たり前なんですけど)

-O2等のオプションも普通に使用できます。

% hcc -o hogehoge hogehoge.c
% mpirun -np 5 hogehoge

後処理

次のコマンドで後処理を行う。 これをおこなっておかないと、LAMデーモンが走り続けてしまうので注意。

% lamclean -v
% wipe -v lamhosts

XMPI

XMPIを使うことによってGUIを用いて動作状況を確認することができます。

XMPI 2.2.3b8をインストールしたときのメモです。

上記のLAMのインストール方法ではインストール時にエラーできないので、インストール時にオプションを指定し、再インストールします。

% cd ~/lam-7.1.1
% make uninstall
% make distclean
% ./confugure --prefix=/home/hogehoge/lam --with-trillium
% make
% make install

XMPIのページからXMPI 2.2.3b8 Betaをダウンロードします。

% wget http://www.lam-mpi.org/download/files/xmpi-2.2.3b8.tar.gz

次のコマンドでインストールを行います。

% tar xzvf xmpi-2.2.3b8.tar.gz
% cd xmpi-2.2.3b8
% ./configure --prefix=/home/hogehoge/xmpi
% make
% make install

~/xmpi/bin/にパスを通しておいてください。

上記の環境設定(lamboot)を行い、各ノードを登録します。 そして、次のコマンドでXMPIを起動します。

% xmpi & 

すると次のような画面が表示されます。

メニューのApplication→Build&Run…でプログラム・ホスト等の指定を行うことで、実行状況を次のような画面でみることができます。

関連項目