目次

MPI覚え書き(OpenMPI編)

OpenMPIをUNIX環境(Linux)にインストールし、動作確認をした際の覚え書きを書く予定です。

OpenMPIの特徴

インストールして、簡単なプログラムを実行しただけなのですが、以下の特徴があります。

インストール手順

2008年2月時点では Version 1.2.5 でした。

% wget http://www.open-mpi.org/software/ompi/v1.2/downloads/openmpi-1.2.5.tar.bz2 
% tar xjvf openmpi-1.2.5.tar.bz2 

権限がないのでとりあえず今回は自分のホームにインストール

% cd openmpi-1.2.5
% ./configure --prefix=/home/hogehoge/openmpi
% make
% make install 

環境設定

host00
host01
host02
  …
host00 cpu=4
host01 cpu=2
host02
  …

注:openmpi/etc/openmpi-default-hostfile に上記のように記述することによって、実行時のホストの指定を省略できます。

実行方法

LAMとMPICH、OpenMPIで共通です(同じMPIなんで当たり前なんですけど)

-O2等のオプションも普通に使用できます。

% mpicc -o hogehoge hogehoge.c 
% mpirun -machinefile hosts -mca pls_rsh_agent rsh -np 5 hogehoge 

関連項目