差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

android [2011/06/03 09:01] (現在)
yasuaki Page name changed from android覚え書き to android
ライン 1: ライン 1:
 +====== Android覚え書き ======
 +SHARP 携帯端末開発者キットJN-DK01の覚え書きです。
  
 +===== SDKのインストール =====
 +
 +==== Android SDKのインストール ====
 +  * [[http://​developer.android.com/​intl/​ja/​sdk/​index.html|Android Developersサイト]]からAndroid SDKをダウンロード
 +  * 解凍したファイルをC:​\等にコピー(デスクトップ等全角文字やスペースがパスに入ると誤動作するかもしれません)
 +  * 「SDK Setup.exe」を実行
 +    * 「Failed to fetch URL https://​dl-ssl.google.com/​android/​repository/​repository.xml,​ reason: HTTPS SSL error. You might want to force download through HTTP in the settings.」というエラーが表示される場合は、「Settings」→「Force https:// ... souces to be fetched using http:// ...」にチェックを入れる。
 +    * バージョンの選択画面が表示されるが、よくわからないので、「Accept ALL」を選択
 +
 +=== SHARP JN-DK01 AddOnのインストール ===
 +  * [[https://​sh-dev.sharp.co.jp/​android/​|SH Developers Square]]でSHARP JN-DK01 AddOnをダウンロードし、Android SDKの「add-ons」ディレクトリの中にコピー
 +  * コマンドプロンプトを開いて下記コマンドを実行
 +<​code>​
 +c:\>cd android-sdk\tools
 +c:​\android-sdk\tools>​android update adb
 +</​code>​
 +
 +==== Target IDの確認 ====
 +下記コマンドを実行し、JN-DK01のIDを確認。私の環境ではIDが6でした。
 +<​code>​
 +c:​\android-sdk\tools>​android list target
 +</​code>​
 +
 +==== AVD (Android Virtual Device)の作成 ====
 +下記コマンドを実行し、AVD名:JNDK01、SDカード容量:128MB、Target ID: 6を指定してAVDを作成します。
 +このとき、「-t」の後の数字をTarget IDにします。
 +<​code>​
 +c:​\android-sdk\tools>​android create avd -n JNDK01 -t 6 --sdcard 128M
 +</​code>​
 +
 +==== エミュレータの起動 ====
 +下記コマンドを実行し、エミュレータを起動します。
 +<​code>​
 +c:​\android-sdk\tools>​emulator @JNDK01 -qemu --cpu cortex-a8
 +</​code>​
 +  * 仕様としてEclipseからエミュレータの起動はできないそうです。
 +
 +===== デバイスドライバのインストール =====
 +<​del>​ホームページに書いてある手順ではインストールできませんでした。他でもうまくいくかわかりませんが、下記の手順でインストールしました。</​del>​
 +手順が更新されているようなので、[[https://​sh-dev.sharp.co.jp/​android/​|SH Developers Square]]を参照してください。
 +一応インストール手順は残しておきます。
 +
 +  * [[https://​sh-dev.sharp.co.jp/​android/​|SH Developers Square]]からUSBドライバ(ADB/​Fastboot)をダウンロード・解凍
 +  * 本体の電源が入っている場合は電源を切る
 +  * トラックボールを押しながら電源を入れる→右上に[FASTBOOT mode...」と表示されればOK。SHARPのロゴのみ表示。
 +  * USBケーブルでPCと接続
 +  * ドライバをインストール
 +  * コマンドプロンプトから下記コマンドを入力(他に再起動する方法がわかりませんでした)
 +<​code>​
 +C:​\android-sdk\tools>​fastboot.exe -i 0x4dd reboot
 +</​code>​
 +  * USBケーブルから外す
 +  * USBドライバ(SHARP High Speed Serial driver)をダウンロードし、解凍・インストールしておく。
 +  * 本体の設定→アプリケーション→開発→USBデバッグを有効
 +  * USBケーブルでPCと接続
 +  * ドライバのインストール(色々入れることになります)
 +  * PCの再起動(しないと認識してくれませんでした)
 +
 +===== 開発環境の構築 =====
 +==== インストール ====
 +  * [[http://​java.sun.com/​javase/​ja/​6/​download.html]]からJDK(Java SE Development Kit 6u20)をダウンロードし、インストール
 +  * [[http://​www.eclipse.org/​|Eclipseのページ]]からのEclipseをダウンロードし、解凍&インストール
 +
 +==== 設定 ====
 +  * Eclipseを起動し、メニューの「Help」→「Install New Software ...」→「Add」ボタンをクリック
 +  * Nameに「adt」、Locationに「http://​dl-ssl.google.com/​android/​eclipse/​」と入力
 +  * Developer Toolsにチェックを入れて、Nextを押していく。途中でライセンスの確認があるので、Acceptを選んで、最後はFinishボタンをクリック
 +  * 途中でセキュリティに関することを聞かれたら、同意的な選択をする
 +  * リスタートするかどうか聞かれるのでリスタートする
 +  * メニューの「Project」→「Preferences」のAndroidを選択→SDK LocationをAndroid SDKをインストールしたディレクトリに設定
 +
 +===== 実機での動作 =====
 +Hello Worldと表示するプログラムを作成し、実機で動作させる手順です。
 +==== 実機の準備 ====
 +  * 設定→アプリケーション設定→提供元不明のアプリを有効にする
 +  * 設定→アプリケーション設定→開発→USBデバッグを有効にする
 +  * USBでPCと接続
 +
 +==== プログラムの作成&実行 ====
 +  - eclipseを起動
 +  - メニューのFile→New→Projectを選択
 +  - Android→Android Projectを選択しNextをクリック
 +  - 下記のような入力をし、Finishをクリック
 +     * Project name: Hello
 +       * プロジェクトの名前になります
 +     * Contents : Create new project in workspaceを選択
 +     * Build target: JN-DK01... をチェック
 +     * Application name: Hello
 +       * アプリの名前になります
 +     * Package: com.hogehoge.hello
 +       * ドメイン名みたいなのを指定するらしい
 +     * Create Activity: チェックを入れ、HelloAndroid
 +       * クラス名になります
 +   - Hello Worldと表示するソースコード等が自動的に生成されます
 +   - 右側のツリーを右クリック→「Run As」→「Android Application」を選択
 +   - Choose a running Android deviceを選択し、リストからJN-DK01を選択
 +      * リストに表示されない場合は、接続されてない or 正しくドライバが入っておらず認識していない
 +   - OKボタンを押すとHello Worldと端末に表示される
 +
 +  * 表示される文字列は、左側のツリーのres→values→string.xmlにあります。